確定申告に向け、頭の中では日々仕訳をきっています。


うそです、時々考えるだけです。


でも、前々から頭の中でグルグル考えていたのが、
楽天アフィリエイトの仕訳なんですよ・・・

(追記:2016/2/14)
以下、当時考えたことをつらつら書いていますが、
結局全然違う計上方法を採用しました。
楽天アフィリエイトの確定申告の仕訳最終決定!

楽天アフィリエイトは複雑すぎる!


私、プロフィール欄にもちょこっと書いているのですが、
元経理OLなんですよ。

それなりに簿記・会計の勉強もしていたので、
アフィリエイターの中では、仕訳に詳しい方だと思うんですよ。

いや、私の場合、アフィリエイターというのはおこがましくて、
ブログにアフィリエイトリンクを貼っているブロガー、
という方があっていますが・・・まぁ、そんなことはどうでもよくて。


で、楽天アフィリエイト報酬を見れば見るほど頭が痛い。
これは早々に問題解決しないと後で泣くな、
と思い、前々から色々と考えていたんですよ。

楽天アフィリエイトの複雑ポイントはなんといっても、
ポイントなんですよ。
(注:ダジャレじゃありません)

成果報酬がポイントってところがミソで、さらに、
3,000ポイントまでは楽天市場でしか使えない楽天スーパーポイント、
3,000ポイントを超えたら、換金可能な楽天キャッシュという謎のポイント。

しかも、プライベートで購入して得たポイント、
プライベートで使用したポイント、
ぜーんぶまとめられているのが非常に頻雑であります。


楽天アフィリエイトの計上時期は?


まず最初の問題は、楽天アフィリエイトの報酬をいつ計上(記帳)するか
ということです。

毎日毎日未確定の成果がレポートに追加されますよね。
でも、そんな毎日仕訳なんて面倒なんでやりません。

これは大企業でも中小企業でも同じです。
「月末締め翌月末払い」という契約の場合、

8月31日 (売掛金)10,000 (売上)10,000

9月30日 (現金預金)10,000 (売掛金)10,000

というような仕訳をきります。
8月の1ヶ月で何枚請求書をもらおうと、
だいたい月末の日付で仕訳をきっていました(しかもだいたい1行)。
(月末に合計請求書を発行する会社もあったりする)

なもんで、楽天アフィリエイトの成果も1ヶ月まとめて計上するんだろう、
というのは予想が付きます。

じゃあ、いつの時点で1か月分の報酬を計上するのか?
ということをリサーチすべく検索したら、
わかりやすく解説されていたサイトがありました。
http://taxindex.org/rakuten_affiliate/

こちらの方は、ポイント付与時に売上計上をし、
1月10日に確定する11月分と、2月10日に確定する12月分は、
決算時に計上しているようです。


そもそも楽天アフィリエイトの成果報酬は、
月末締め翌月末確定翌々月10日支払
http://affiliate.rakuten.co.jp/guide/rank/

わかりやすく月で置き換えてみると、
7月中に発生した成果が(発生主義)、
8月末に確定し(実現主義)、
9月10日に支払われる(現金主義)。
と考えたワケですよ、私は。

よく確定申告系の記事を見ると、
「発生主義」と「現金主義」という文字は見るのですが、
「実現主義」の文字は見たことがないのですが、
収益の認識基準は実現主義です。
(※費用の認識基準は発生主義です)

実現主義について知りたい方はこちらのサイトがわかりやすい!
http://financial.mook.to/accounting/02/kg/kg-k16.htm


私のアフィリエイトリンク経由で商品を買っていただいた場合、
当該ショップは注文時か商品発送時に売上計上するのですが、
私はいわば仲介業者(アフィリエイター)なので、
その時点で私の成果報酬とするよりも、
成果が確定した時点でアフィリエイトの成果を売上として計上するのが妥当では?
と思うわけです。


単純に考えれば、
7月に発生した成果の確定が8月末なのだから、

8月31日 (売掛金)×× (売上)×× 摘要:7月分

として、12月の分を決算時に仕訳するのがいいんじゃないかな?
と、この記事を書きながらひらめきました。


じゃあ、他の例えばA8.netはどうなんだろう?
と検索したら、ものすごく単純で、
「成果確定レポート」の金額をそのまま、
その月に計上するだけのようです。
こちらのサイトが分かりやすくまとめられていました。
http://www.blue-return.info/?p=746


え・・・じゃあ、楽天アフィリエイトも同じでいいんじゃない?
と思いまして。

楽天アフィリエイトのレポートの中にある、
「確定・報酬レポート」に年単位レポートってあるじゃないですか。
あれの成果確定状況の金額をそのまま書いていけばいいんじゃないの?

8月末に確定した金額を、
7月末の日付で仕訳をきるのが1番簡単じゃないのかな?
なんて思っているのですが、どうなんだろう?

この方法なら12月の分も12月末の日付できれるし、
ナイス!とか思うのですが・・・

しかし、検索してもこの方法で計上している記事を見たことがないからなぁ・・・
とりあえず、私はこの方法で仕訳をきって、税務相談で聞いてみようかな。


楽天ポイントの仕訳は勘定科目は何を使えばいいの?


例:7月の楽天アフィリエイト報酬が10,000ポイントだった

という事例で考えてみると、
先に述べた計上時期を前提に仕訳をきると・・・

7月31日 (売掛金)10,000 (売上)10,000

9月10日にポイントで報酬をもらったとき、

9月10日 (???)10,000 (売掛金)10,000

(???)は楽天スーパーポイントないし、楽天キャッシュとすべきか・・・
でも、そうすると管理が非常に面倒になりますよね。

どうしたもんか?と検索したら、
「事業主貸」という勘定科目を使われている方が多かったです。
http://taxindex.org/rakuten_affiliate/
※上でも紹介したサイトです

「事業主貸」なんて勘定科目、初めて聞きました。
いや~、簿記って奥が深いですね。
勉強になります。

この科目を使うのが1番ラクそうなので、
私も「事業主貸」で仕訳をきって行こうと思います。

9月10日 (事業主貸)10,000 (売掛金)10,000


事業主貸だと支払手数料はプライベートだよね


楽天キャッシュって換金可能だけど、
手数料が10%ってアホみたいに高いですよね。
10万円換金したら1万円ですよ!?

ASPから振り込まれる際に差し引かれる手数料は経費になるけれど、
「事業主貸」でプライベート化された場合、
楽天キャッシュからの換金時の手数料は経費には・・・ならないよね・・・

これは換金しないで地道に家計などで使って、
家計で使った分は家計のお金から私のサイフに入れるしかないな。


最後のまとめ


以上、楽天アフィリエイトの仕訳について考えてみました。
頭で考えているより、文字にしてみるとなかなかスッキリ考えがまとまりました。

問題は、この考えでいいのかどうか?
まぁ、ポイント付与時に売上計上する方法でも、
私が今回この記事を書きながら思いついた方法でも、
1年を通してみると売上高の計上金額は変わらないので、
実はたいした問題じゃないのかな?とおもったり。

税理士さんがアフィリエイター向けの税金ブログとか書いてくれればいいのにな。
前にそんなブログを見た気がしたけれど、探しても見つけられなかったorz

とりあえず、仕訳については大多数が採用している方法が、
1番安全なので、私ももう少しリサーチしてみようと思います。
(つーか、楽天アフィリエイト公式が仕訳例を載せておいてくれればいいのに!!)

楽天アフィリエイトの仕訳について詳しい方がいましたら、
是非是非教えてください。。。
関連記事
 タグ
None